薬剤師はバイトと言えど、高待遇の職場も多い!

薬剤師バイトは採用されにくい?

薬剤師が不足気味ということもあり、アルバイト求人は少なくありません。本当は正社員として募集したいものの、それではなかなか人が集まらないという理由で仕方なくアルバイトという形で求人を出しているところもあるくらいです。
夜勤専門看護師になりたい方は・・

数ある薬剤師のアルバイトの中でも特に人気が高いのは、ドラッグストアと調剤薬局の求人です。 求人されている数が非常に多いということもあり、ドラッグストアと調剤薬局の求人情報を見つけることは難しくないでしょう。

そもそも、薬剤師のアルバイトは非常に人気があるのですが、実はそのほとんどはドラッグストアか調剤薬局のものです。

治験や臨床開発といった仕事も薬剤師が担当しますが、これらの仕事は正社員のみの募集となっているので、薬剤師のアルバイトをしたいと思っているのであれば、ドラッグストアか調剤薬局から選ぶことになるでしょう。

注意しておかなければならないこととして、求人情報がたくさんある=採用されやすいというわけではありません。というのも、求人数は確かに多いのですが、それ以上の応募があるのです。

通常、アルバイトというとどうしても正社員として働くのに比べて条件が悪くなってしまいますよね。 しかし、薬剤師のアルバイトは、同じアルバイトであっても正社員に劣らないくらい好条件が提示されているものが多いです。

休みはしっかり取ることができるものの非常に時給が高く、残業もほとんどないということでアルバイトとして働きたいと思っている薬剤師がたくさんいます。

アルバイトだから適当に面接を受けても採用されるだろうと思ってしまうと他のライバルに負ける可能性が高くなるので、本気で転職活動をする必要があるでしょう。

それから、アルバイトだからといって希望条件が全て通るというわけではありません。 求人によっては妥協しなければならない部分も出てくるので、自分にとって絶対に譲れない条件と、譲ってもいい条件について考えてみてはどうでしょうか。